10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

関ヶ原

2017年10月29日

10月29日(日)

昨日、駅前商店街に所用で出かけた際、書店で、普段は買わない『歴史群像』をつい買ってしまったのは、表紙に書かれた「関ヶ原合戦の真実」の文字に引かれたからである。長篠合戦など史上有名な合戦の実像が、小説、テレビ、映画などでお馴染みのものとはかなり違ったものであったらしいということは誰しも考えることであろう。ただ、関ヶ原まで違っているとなれば、これはちと困るような気がする。ところが、以前このブログで触れた『戦国の陣形』にはそれらしいことが短く書かれていた。以来、気になっていた。そこに今回の記事である。白峰旬という歴史学者が書いたこの記事を読んで、私がおもしろく思ったのは、

1.関ヶ原合戦は、東西両軍が最初から天下分け目の大戦であることを意識してがっぷり四つに組んだ戦いなどではなかったらしいこと。白峰氏の言葉を借りると、それは「石田方が想定しないタイミングと場所で行われた(徳川方による)追撃戦・殲滅戦」であったらしいこと。

2.この合戦の準主役とも言うべき小早川秀秋は、散々逡巡した挙げ句に家康の「問鉄砲」に威されて裏切りを決意したわけではなく、合戦開始直後から「ちゃんと」裏切って、大谷吉継勢を攻撃にかかったらしいこと。そのため、大谷勢は徳川主力と小早川勢に挟み撃ちにされてまたたくまに壊滅したらしいこと。確かに、戦の最中に死んだ西軍の主立った武将は吉継しかいない。


らしい、らしいと書いたのは、白峰氏の説もまた仮説であることが、その書き方から窺われるからである。私にこの記事の内容を批判的に吟味する能力はない。ただ、どの分野にも、まだまだ分かっていないことは多く、だからこそ面白いと思うだけだ。

結果は変わらないのだから、そんな細かいことを穿鑿しても…と言うなかれ。私達がなかば常識としていることを打ち壊してゆくのが研究の醍醐味なのだから。


実はこの号を買った動機がもう一つある。「再現!軍隊グルメ 戦士の食卓」という連載コラムに、トルコ銘菓「ロクム」が取り上げられているのである。これ、一昨年のトルコ旅行のお土産にしたもので、分からない人には甘いゆべしにしか見えなかったようだが、分かっている人には、「一度食べたかった」とたいそう喜ばれたのであった。


ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

腰痛と体操

2017年10月27日

10月27日(金)

上海から帰った頃から、腰に痛みを感じるようになった。それが日毎に酷くなって、昨日の朝は、ほとんど立ち上がれないほどになった。ちょっとでも屈むと痛いので、5分ぐらいかけてズボンと靴下をはき、顔も洗わないで学校に出た。立ち上がりは辛いが、背筋をしゃんとして歩き出すと、段々楽になってくる。


部屋に入って最初にしたことは、ネット様にお伺いを立てることである。すると、出るわ出るわ、腰痛関係のサイトが山のように出てくる。その中からいくつか拾い見をして、体操を2種類覚えた。これをやってみると、確かに効かないことはない。だが、椅子に座って立ち上がろうとすると相変わらず痛みが走る。これの繰り返してある。


夜の9時すぎに曼荼羅荘に帰り、ゆっくりぬるめのお湯に入る。それから体操をすると、何と椅子からすっと立てるようになった。続きは床に入ってから。寝返りも実は腰痛体操になるらしい。寝返りなら得意である。一晩中、といっても熟睡している間は分からないが、ごろごろやった。


今日は昨日に比べれば大分楽である。


実は今日から2日間、東京で学会があり、発表はないが、出席の予定を立てていた。昨日の一番辛いときに、こういう状態で1泊2日じゃ身が保たないと諦めてしまったが、今日のような調子ならば、だましだまし行けたのである。まあ、二三日身体を休ませることにしよう。

ある大学教員の日常茶飯 | コメント(0) | トラックバック(0)

上海にゆく前に

2017年10月09日

10月9日(月曜日)体育の日

来週の月曜日から3泊4日で上海に出張する。目的はある検討会に参加することだ。実はどういった業務になるのかよく分からないのだが、とにかく行った方がいいと判断した。ついでに蘇州の古蹟を視察することになっている。上海から新幹線に乗るのだとか。時間が余ったら上海のバンド(外灘、旧租界)を見物したいとリクエストしている。


その前に目鼻を付けておかなければならない仕事があって、連休なのに昨日の夜から御山である。昼に梵恩舎に香琲を飲みに行ったら、ベロちゃんが詩画集のようなものを2冊くれた。時々描いているのを見たから、仕事の合間に描きためては冊子にしているのだろう。ありがたく頂いてまたオフィスに戻った。夕方、チョウさんがやってきた以外、大学ではほとんど誰にも会わない1日だった。

bero_convert_20171009204822.jpg

*2冊の表紙を合わせるとなんだかひとつに繋がって見える。「夜がやってきた」と「ほたるのゆめ」。ベロちゃんらしい、かわいらしい題がついている。

ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

ノーベル文学賞

2017年10月06日

10月6日(金)

今年は科学三賞の日本人受賞がなかったので、文学賞に期待して、ネットでライブ中継を見ていた。読み上げられたのは、「Kazuo Ishiguro」。イギリスの著名な作家であり、両親とも日本人であるが、テレビのニュースで見た氏の印象は英国人そのものであった。


思い出したのは、一昨年、東京の講演会で山折哲雄先生が、日本でテレビドラマ化された「わたしを離さないで」(綾瀬はるか主演)に触れておられたことであった。視聴率は高くなかったようだが、注目してよいものだと。先生の鋭さに今さらながら感服した。


本屋さんたちの祭が一段落した後、ゆっくり読んでみることにしよう。

ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

映画

2017年10月02日

10月2日(月)

昨日、TOHOシネマズ泉北で「エイリアン・コヴェナント」を見た。感想は… 1作目が当たってシリーズ化された映画の中に1作目を上回る出来の作品はまずない。「エイリアン」もまたその例外ではなかったというところ。


家人は「サーミの血」を推奨しているのだが、昨日はテアトル梅田まで出かけてゆく気力が湧かなかった。そこで「エイリアン」か「ダンケルク」かとなって、勝っことが決まっている連合国軍の苦労話などよりは「エイリアン」の方がましかなと思ったのである。


映画は好きである。映画が始まる前にBGMの流れる館内で何も映っていないスクリーンを見つめている時のどきどきする感じは昔も今も変わらない。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »