05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

罰当たり

2012年12月27日
放射冷却現象も加わって、御山はいい塩梅に冷えている。

8時過ぎに起きて、テレビをつけたらワイドショーでとんでもない話題を扱っていた。
最近四国や和歌山の神社の御神木が何者かによって枯れさせられる事件が相次いでいるという。その手口は、根元に細いドリルで穴を空け、除草剤を注入するというもので、大木が真っ赤に立ち枯れて神主や氏子さんたちが困っているところに、相当な値段で引き取りの打診があるという。たまたまその神社に参詣して、樹齢何百年の御神木が枯れているのに心を痛め、この際一肌脱ぎましょうと申し出た善意の人物だろうね、きっと(?)。
いずれにしても、これは単なる器物損壊ではなく、殺神事件として捜査してもらいたい。

と思いながら続けてみていると、話題は、空飛ぶ防犯ロボットに移る。大手の警備会社が開発したもので、自動的に怪しいヤツを感知して飛び上がり、追跡して映像を撮りまくるというものである。これで攻撃力を備えたら「ターミネーター」のスカイネットである。

これを神社でレンタルしたらどうだろうか。鬱蒼とした神社林の中でどこまで動けるかは保証の限りではないが、罰当たり者が忍びこんだところに、頭上からブーンと巨大な蚊のようなロボットが襲いかかり、赤い塗料か何かを吹き付けるというのは、なかなかの構図ではないか。

とにかく、人としてやっていいことと悪いことがある。


ある大学教員の日常茶飯