FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

ダライ・ラマと日本人

2012年12月10日
年末も近いのに、出すべきものも出さないで何をやっているのか、と叱られそうなので、こっそりお知らせするが、

繝€繝ゥ繧、繝サ繝ゥ繝槭→譌・譛ャ莠コ_convert_20121210173925

徳間のTOWN MOOKから『ダライ・ラマと日本人』が出た。先に紹介した『宗教の事典』は25000円+税だから、お近くの図書館に購入希望でも出してもらえればありがたいが、こっちの方は860円という敷居の低さでありながら、ダライ・ラマ法王のお言葉と田村仁氏の美しい写真が満載で、松長有慶猊下も一文を投じておられるという、実にリーズナブルな出版である。

学術的なバックアップは田中公明、石濱裕美子、合田秀行の諸先生と私がやっている。私の受け持ちは「チベット仏教とは何か?」というパートで、企画がムック的というのか、どんどん図式にあてはめようとしてくるのに最初のうちはちょっととまどったが、最終的にはまあまあの形に落ち着いたと思っている。

田村氏の写真の中には、先月4日にパシフィコ横浜で撮られたものも含まれている。私は前日の夜に鶴見駅で編集担当のS本氏と会って打ち合わせをしており、まだその時には少なくとも私の分はできていなかった。それから一ヵ月で本が店頭に並ぶのだから、その腕力は並ではない。新潮新書の『傷ついた日本人へ』の作り方とはまた別の意味で驚かされた。

追加:一つ忘れていたが、S本さんは『傷ついた日本人へ』に感動してこの企画を立てたのだという。こうして縁はつながってゆく。

読書案内
« にっき餅 | HOME | 雪の進軍 »