06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

仮設住宅訪問

2012年09月27日
19日(水) 南三陸町に来て3日目。今日は仮設住宅を訪問し傾聴の実習を行う。
少し早めにハウスに行って、朝のミーティングで今日の予定を確認した後、荷物を積み込んで車2台で出発。向かった先はH仮設住宅である。南三陸町内には58の仮設住宅がある。HUGハウスは、そこを順番に回ってカフェと呼ばれる談話会を開いている。1日1ヶ所回って、2ヶ月で一巡する計算だ。地元の人はそれを「お茶っこ」と呼んでいるらしい。

H仮設住宅は小高い尾根道沿いにあった。ここの人たちは海沿いの75戸ばかりの集落の住民だった。そのうちの16軒が今この仮設に住んでいる。代々半農半漁で生計を立ててきた人々のようだ。

志津川湾は養殖の適地で、ホタテ、ウニ、カキ、のり、ワカメ、ホヤなどが豊富にとれる。「森は海の恋人」は、唐桑町の畠山重篤氏のキャッチフレーズだが、里山を通って川が海に流れ込む地形が豊かな漁場を作りだしているのは、志津川も同じだと思う。

いい町だったのである。

2012蜊嶺ク蛾匣+026_convert_20120927125251
*朝の志津川湾。餌をやる人がいるのだろう、ウミネコが催促するようにバルコニーの手すりに何羽もやってくる。

私たちが着くと、仮設の集会所に人が集まりはじめた。高齢の女性が多く、手押し車にすがってゆっくり坂を登ってくる人もいる。

「お茶っこ」は和気藹々としたものだった。HUGハウスの人たちがすでに顔なじみであるのに加えて、こういう訪問には慣れっこになっているのだろう、仮設の人たちに警戒や緊張は感じられなかった。一通りのあいさつが済んだ後は、それぞれのテーブルに分かれお茶とお菓子で談話となった。他の3人は関西人なので言葉が分からずに苦労していたが、私は何とか理解できる。

よく話す人もいれば、そうでない人もいる。私の隣りは82歳の女性で、寡黙だったが、何かをすること(doing)よりも、いっしょにいること(being)の方が大切と昨日の研修で学んだので、話が途切れても焦らずに、ゆったり構えるようにした。
カフェは90分で終了。最後に、HUGちゃんが、「せっかく高野山からお坊さんが会いに来てくれたのだから、いっしょにお経を唱えましょう」と提案すると、みんな異論はないようなので、イヌイさんが頭を取って『般若心経』と諸真言を唱えた。クリスチャンであるおしょうさんは同時に別の祈り方をしていた。H村では16人が亡くなっている。

実は出発前、同僚の森崎さんから、「初めから僧侶の格好で行くな、お経は唱えるな」とのアドバイスを受けていた。ろくに話も聞かず、自分がやりたいパフォーマンスだけやろうというのでは、被災者に受け入れられるはずがないからである。「お経は最後」。これは大事な教訓を得た。

一度ハウスに戻った後、さんさん商店街に昼飯を食べにいった。

午後はA仮設とB仮設の個別訪問だった。A仮設にゆくと、ボランティアが作ったテーブルとベンチに人が集まっていた。地元ボランティアの一人はここの住人で、自分の家の中を私たちに見せてくれた。つまり被災者自身が被災者の心のケアをしているわけである。こうした地道な活動が「いやしのリレー」となって伝わってゆくことを願う。

2012蜊嶺ク蛾匣+135_convert_20120928160953
*こういうテーブルとベンチ。これが住人同士の交流にとても役に立っているようである。

B仮設でも外のベンチに何人かのお年寄りが集っていた。近頃雨が少なく、作付をしたいので、みんな雨を待っているという。

ここで私は一人の老人に出会った。薄くなった髪の毛も無精ひげも白くなっているが、骨格のがっしりした、よく日に焼けた古武士のような面構えの人物である。私はこの人の語りに舌を巻いた。震災の話ではない。それ以前の昔話である。私たちが高野山から来たと知ると、彼は、昔、大人たちから「高野山の可哀そうな子どもの話」を聞いたことがあると言った。「イシドウマルといったけかな。俺をおどなしくさせるために聞かせたことだろうけんど」

私たちが、それは刈萱道心と石童丸の話です、といって説明すると、老人は、生きているうちにこの話を知っている人が来たらいいなと思っていた、おかげで胸がすーっとした、と言って笑った。私は宮本常一の『忘れられた日本人』(岩波文庫)を連想していた。

ここでも最後にお経が上げられた。この地区では40人が流され、遺体はほとんど上がっていない。その場に集まった人のほとんどが肉親を失くしており、一緒に読経して泣く人が多かった。

HUGハウスに戻り、昨日と同じようにそれぞれ感想を述べあった。私はここまでであった。研修は明日までだが、私は山形の実家に行くことに決めていた。最後は、スタッフ全員との「ハグ」であった。いやはや、本当にお世話になった。

この日の夕食はホテル内にある「磯浜通り」というちょっとした料亭の個室だった。イヌイさんが「おしながき」を見て一言。

「おっ、今日の調理長は小野君か」

これが、この旅でのイヌイさんの最高のギャグだった。分かります?この何ともいえないおかしみ。

20日(木)9時前、HUGハウスに出かける3人を見送った後、ホテルの送迎バスで仙台駅に向かった。車窓から眺める志津川の海はあくまで穏やかに晴れ渡っている。独りになったせいか、いろいろな感情が一度にこみあげ、涙が流れて仕方がなかった。
高野山大学の力