10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

資料の撮影

2012年07月31日
昨日は早起きして熱暑の下界におりた。9時半に堺市役所の1階で落ち合い、車でM市に向かう。この間の資料調査の続きで、今日は撮影だ。

Hさん宅に迎え入れられ、案内された部屋で作業にかかる。私の仕事は調書の作成だ。お昼は近くのカッパ寿司で取り、1時から再開。作業は思った以上に順調に進み、4時半に終了した。

ロンドンオリンピックでの日本選手の結果は悲喜こもごものようだが、ぼちぼちメダリストも出ているので、よしとしなければならないのだろう。

「銀メダルは敗者、銅メダルは勝者」という。銀メダリストは金メダルを争って負けた人、銅メダリストは、すれすれでメダルに手が届いたという意味で勝った人なのである。

2日ほど前、女子柔道の52キロ級の3位決定戦を視ていて痛感した。文字通り死力をふりしぼった対戦で、勝った方は喜びを爆発させていた。そこに日本選手はいなかったが十分楽しめた。

そこで思うのは、もうそろそろ「お家芸」という言葉は止めた方がいいのではないかということである。これは、日本柔道界を牛耳っているごついおじさんたち(どうしてもそういうイメージがある)に対する皮肉ではない。柔道はアジア発のスポーツとしては、今のところ最も成功していると言ってよいだろう。そうなるにあたっては、日本柔道界も相当な努力で国際化を推進してきたはずである。それなのに、いつまでも、日本チャンピオンは世界のナンバーワンだ、あるいはそうでなければならない、という意識では、現実とずれている気がしてならない。そういういことを一番よくわかっているのは、選手たち自身だろうけれど。

8月6日からチベットに調査にゆく。5人のグループで、今回は中央チベットのツァン地方の諸寺を調査する。帰国は19日の予定。

ある大学教員の日常茶飯