08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

6月30日から7月3日

2012年07月03日
JR京都裏のビジネスホテルの一室で目が覚めた。横になったまましばし反省したが、気を取り直し、こう自分に言い聞かせた。

 過去は変えることができない。未来には手が届かない。今この時をせいいっぱい生きるしかない。

というわけで、ここ数日の動き。

6月30日(土)15:00より人文研公募研究プロジェクト(奥山班)研究会。

発表:阿満道尋氏(アラスカ大学准教授)「第二次世界大戦前の北アメリカにおける日本仏教の近代的発展」

*この発表は、日本の近代仏教がハワイ・北アメリカでどのように変容したかを、浄土真宗を例に、日系エスニシティの形成と日本仏教の近代化を通して考察したもの。なかなか刺激的で得るものがあった。終わってから山下さんを誘い、「おむらや」で一杯やって阿満先生の労をねぎらった。

7月1日(日)13:30より ウェスティ文芸講座「河口慧海―堺出身のチベット探検僧―」

*雨が降ったり止んだりのひどく蒸し暑い日だったが、なかなかの盛況だった。予定の1時間半を20分もオーバーしたのは深く反省しなければならないが、気持ちちよくしゃべらせてもらったし、質疑応答にもたくさん手が挙がった。タ・タイチョーが聞きに来てくれたので、帰りはお宅まで車で送った。

7月3日(火)お昼過ぎ、堺東でKさん、Nさんと落ち合い、車でM市に赴く。ある資料を個人宅で見せてもらうためだ。Kさんからメールで概要を知らせてもらった時から、いい資料だとは思っていたが、予想をはるかに上回る貴重なものだった。これについては今後の展開が楽しみである。

終わって堺東駅まで送ってもらい京都に向かう。京都グランヴィアホテルにJ先生を訪ねて、12月のイベントの打ち合わせを行うためだ。といっても、ほとんどの時間はお互いの研究の話と情報交換に費やされた。それからいっしょに地下鉄で四条河原町に行き、Mさん、Aさん、Fさんと合流して食事会。できれば早めに引き上げて高野山まで戻ろうと思っていたのだが、話のおもしろさについ時を過ごす。最後は、京都駅に近い、J先生ご推奨の有名店でラーメンを食べて締めた。タクシーの運転手さんに聞いたホテルに投宿。
研究ノート