07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

何とか見えた

2012年05月21日
何百年にいちど、などと言われると、やはり弱い。あわてて身支度を整えて表に出ると、G藤さんがすでに撮影体制に入っていた。

お天気は曇りだが、雲の流れは速く、時折、すでに食の進んだ太陽が顔をのぞかせる。これはいよいよ金環が拝めそうだと大学に行き、松下講堂前の広場でしばし観測した。もちろん、こんなことで大切な目を傷めてはならないので、先日長女から分けてもらった簡単な日食グラスを使う。

何とか見えた。

小学校の頃、校庭で日食を見た記憶があるが、あれはどうやったのだろう。下敷きをかざす程度で、結構無頓着だったのかもしれない。

DSC_7127a_convert_20120521201740.jpg
*黒い丸の中にかすかに見える赤っぽい点が、もう部分日食になってしまった太陽。
日下義眞氏撮影。

さて、密教研究会の学術大会が迫ってきた。今度の学術大会は、ほかのスケジュールとの関係で、開催が1か月ほど早い。





ある大学教員の日常茶飯