05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

山籠もり 最終日

2012年05月06日
妙に首が凝るのでサロンパスを張った。原因は、仕事で根をつめたからではなく、寝床で文庫本を読んでいたせいのようだ。

『火車』は、途中から飛ばし読みにしていったら、まだ犯人が捕まらないのに、残りのページがどんどん少なくなる。はて、このままだと捕まった犯人をとっちめて真相を白状させる余裕がなくなるのだが、といぶかしく思いながらページをめくってゆき、あと数ページまで来たところで、「あっ」と思った。そういうことだったのか!

ラストシーンを何度も読み返す。この作家の力量にほとほと感心した。暇ができたらもう一度丁寧に読み返そう。
ある大学教員の日常茶飯