07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

山籠もり5日目

2012年05月03日
昨夜遅く曼荼羅荘に帰って寝床で宮部みゆきの『火車』(新潮文庫)を読んでいたら、ちょっとやめられなくなり、電気スタンドを消したのは2時過ぎだった。

今回は気分転換のために文庫本を2冊持ってきた。ひとつは『火車』、もうひとつは東野圭吾の『容疑者Xの献身』(文春文庫)だ。『容疑者』はもう読んだが、かなり早いうちに最大の仕掛けがうすうすわかってしまった。『火車』はこれからというところ。

昨日久しぶりにグーグルアースをいじくってみて、その進化に驚いた。ストリートビューの使い勝手が格段によくなっている。場所によっては、かなり狭い道まで入ることができる。ためしに、タ・タイチョーの家の前まで行ってみたが、郵便受けに手が届きそうだった。

こういうことを可能にするために特殊なカメラを積んだ車が、日本中、いや世界のあちらこちらを走り回っているのだろう。いったいそれが何になる、とは言わないでおく。今ネット上を賑わせているいろいろなものがどんどん合わさって、予想もつかないような状況を作り出してゆくのではないかという気がするから。

ある大学教員の日常茶飯