07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

山籠もり2日目―マイルがたまる

2012年04月30日
近頃、JALに乗る機会がやたらに増えた。ただ乗っているだけではもったいないので、カードを作ってマイルを貯めることにした。そのカードができてきた。さっそく事後登録をやったら、たちまち8000マイルを超えた。ダラムサラ行きにJALを使ったこととご新規のボーナスポイントが大きいが、伊丹から東北に行くのは今のところJALが一番便利で、近頃何回か往来してちょこちょこ稼いだことも物を言っている。

インド行きにJALを使ったのはLさんの趣味である。おそらく日本のフラッグキャリアにだわりがあるのだろう。こちらはエア・インディアでもタイ航空でも中国の航空会社でも何でも構わないのである。

だから、というわけでは決してないのだが、近頃読んだ本に横山秀夫の『クライマーズ・ハイ』(文春文庫)がある。クライマー(登山家)がハイであるのはタ・タイチョーを見ればよくわかる、というのは冗談で、これは、岩壁を登っているうちにどんどん興奮度が増して止まらなくなるような生理現象を指すらしい。けれど、この作品の主題は登山ではなく(登山シーンも出てくるが)、1985年、日航ジャンボ機墜落事件に遭遇した群馬の地方新聞社の記者たちの白熱の日々である。

この作品はNHKでドラマ化され、さらに映画にもなった。私はテレビで見てえらい迫力に驚いた覚えがある。何しろ、キャストが佐藤浩市、杉浦直樹、岸辺一徳だよ。酒場で佐藤と岸辺が激突する場面は是非もう一度視たいものだ。誰かupしてくれないだろうか。映画は堤真一、山崎努、遠藤憲一でやっていてDVDも出ているが、私はNHKが見たいのだ。

原作を読んでみて、このリアルさはすごい、と改めて感心したが、読後にこの小説が著者の実体験に基づいていると知って納得した。
どんな事件に巡り合うかでその記者の一生のキャリアが決まる、らしい。

そこで想起されるのが、今回の震災である。地震の直後から、各地で多くの記者たちが、文字通り命がけの取材・報道活動を展開した。その報告の一つが、『河北新報の一番長い日』(文芸春秋社)である。この本、このあいだ仙台に行ったときにマサアキさんから一読を勧められたが、申し訳ないことに、まだ読んでいない。ただテレビドラマ化された番組は後半部に間に合った。

その中に渡部篤郎が演ずる武田という記者が出てくる。実在の人物だ。で、私の記憶に間違いなければ、彼は私が出た研究室の2年後輩なのである。これから会う機会があるとも思えないが、今後も「東北の復興」のために身体をはってほしいと念じている。
ある大学教員の日常茶飯