07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「ろおじ」のバザーに行く

2012年04月22日
21日(土)、ゆえあって大阪地下鉄の堺筋線に乗っていて、「阪堺線はお乗換えです」のアナウンスを聞き、恵美須町で降りた。「ろおじ」のS賀さんに、今日からバザーをやるとの案内を受けていたからだ。ま、行ってみるか。

4時過ぎに「ろおじ」に着くと、バザーの品物はすでに残り少なになっていた。このバザー、阪堺線をLRV(ライトレール車輛)と結んで活性化させようという運動の応援のために企画されたものという。

私は、H田さんが育てたニホンサクラソウを3鉢とタイ製の象の縫い取りのある手さげを買った。手さげは先日紹介したネクタイとお揃いになる。なんでも再来月の密教研究会の学術大会にはK本君が乗り込んでくるらしい。象づくしで迎え撃たなければならない。

2012繝?繝ゥ繝?繧オ繝ゥ+1755_convert_20120422104437
*これはデリーのインディラ・ガンディー国際空港内にある親子象の置物。(ほーらほら、K本君、おしーりペンペン!)

S賀さんに聞いて面白かったのは、堺の旧市街地のあちらこちらから陶器が出土しているという話だ。堺の旧市街地は、江戸時代の町割りの上に乗っかっている。豪商の屋敷跡などからは、志野や唐津などが今でも結構出るのだそうだ。

堺は茶の湯の発祥地だ。そういう出土品の展示場ができれば、多少地味だが、愛好家には注目されよう。
NEC_0177_convert_20120422110625.jpg
*南宗寺にある武野紹鴎の墓。茶釜をかたどっている。

NEC_0172_convert_20120422110739.jpg
*同じく南宗寺にある三千家(表、裏、武者小路)の供養塔。中央が利休のそれ。



ある大学教員の日常茶飯