06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

ショトン演劇祭

2012年04月08日
翌22日、幸い天気に恵まれた。これでキングフィッシャーも飛んでくれる。これが悪天候で飛ばないと、私たちはJALに乗り遅れてしまうのである。

昨夜、ホテル代や国内航空のチケット代の支払いのため、みんなが円やドルをまとめてルピーに換えようとしたら、町の両替屋がホテルまで持ってきたお金があまりにも少ない。問いただしたら、「10000円を1000円と見間違えていました。自分でも変だと思っていたのですが」。特に悪意はなかったようで、すぐに善処してくれたので、問題はきれいに収まった。同じヒマーチャルプラデーシュ州でも、奥地のカジャでは日本円が通用しなかった経験がある。よほど開けたマナーりーでもホテルでは日本円が替えられなかった。ダラムサラではさすがにそんなことはないが、やはり外国貨幣は米ドルがお馴染みのようである。

一昨日からショトン(ヨーグルト祭)が始まっている。ジャンバラ・ハウスをチェックアウトしてから、まずショトン演劇祭(デーガルツォクパ)を覗いた。この演劇祭、今日が三日目で、出し物はネパールの劇団が演ずる「ラシュン・ディメークンデン」であった。歌と踊りで構成されるチベットのオペラである。

壇上の特別席で、お茶やお菓子の接待を受けながらしばし観劇。

2012繝?繝ゥ繝?繧オ繝ゥ+1462_convert_20120408150347
*大天幕の下で行われる半分は野外劇。

2012繝?繝ゥ繝?繧オ繝ゥ+1455_convert_20120408151541
*生徒たちも賑やかに鑑賞中。

2012繝?繝ゥ繝?繧オ繝ゥ+1477_convert_20120408150535
*回れば回るほど拍手がもらえる。

2012繝?繝ゥ繝?繧オ繝ゥ+1605_convert_20120408150750
*王とその妃が登場。

小一時間ほどして会場を後にし、チベット図書館に寄って本を買い込んで山を下った。途中、デリーからの便が遅れているという情報が入って、ひやりとしたが、ゆっくり昼食を取って飛行場に行くと、飛行機は無事に到着していた。

デリー空港に着く。飛行機が遅れたため予定していた市内見物はキャンセルして、国際線に移動。早めにJALカウンターでチェックインすると、あとは軽い食事をとり、お土産を買って指定されたゲートに行くだけだった。

翌23日午前6時36分、成田空港着。気温摂氏6度。羽田までバスで移動する。伊丹に下りたのは、11時半であった。




フィールドワークの記録