09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

南方熊楠大事典が届く

2012年01月13日
螟ァ莠句・+002_convert_20120113185611

朝、事務に行ったらこれが届いていた。

「これは罪作りな本だよ。一度読みだしたらなかなかやめられない」とはC本先生の言であるが、まさにその通りで、時間が経つのを忘れる面白さがある。おかげで昼過ぎの会議に遅れそうになった。

800ページ近い大冊だが、大事典と銘打つ以上、これぐらいあるのは当然で、むしろ項目を絞り込んで何とかこれだけに抑えたという感じである。私なら、たとえば、人名録には「中村錠太郎」を入れたいところだが、そういうのをいちいち取り込んでいると、今でさえ「枕のような」と言われる本がほとんど立方体になってしまうだろう。それはそれで面白いのだが・・・

何項目か読んでみて、感心することがとても多かったが、人によって随分観点が違うものだ、とも思わせられた。この出版を機に研究者間の情報交換がさらに進むことを期待したい。
読書ノート