FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

高野山霊宝館

2008年08月31日
 高野山霊宝館は、全国各地の神社仏閣に付属する宝物館の類としては、圧倒的な質と量をもつ、掛け値なしに日本一の施設だと思う。

 何しろ1200年の伝統を誇る高野山にはお宝がうなっており、そのお宝の多くが霊宝館に預けられているのである。
 ふだんから、私は、この御山全体が高野山大学のキャンパスだ、というつもりでやっているから、年に何回かは必ず授業に霊宝館見学を入れている。
 ただ残念なのは、大宝蔵展という特別展が、毎年、夏期休暇の期間中にあるということだ。

 というわけで、今日は、雨の晴れ間を見計らって、大宝蔵展に足を運んだ。

 ある、ある。慶派が腕を振るった八大童子立像、日本仏画の最高峰仏涅槃図、弘法大師の聾瞽指帰、ちょっと渋いが勤操僧正像・・・・
 専門的知識のある人だったら、すごいラインナップであることがお分かりいただけるだろう。
 この特別展は9月15日まで。まだの人は走ってください。
 
 ちなみに霊宝館が開館したのは大正10年3月1日、初代館長はその時の金剛峯寺座主、高野派管長の土宜法龍だった。ただし設立の準備は、法龍が管長になるずっと前から進められていた。

 高野山は雷火などによる火災で多くの惜しんであまりある文化財を失ってきた歴史があるので、こういう施設が待たれていたのである。建設費は、簡単にいえば、日本全国津々浦々の善男善女の浄財によったわけだが、益田孝をはじめとする財界人の支援も大きかったようだ。メセナなどという言葉がなくても、昔の経済人はいろいろなところで社会貢献していたことが分かる。


 


 
 
 
高野山大学の力