05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

札幌に出張する

2011年10月14日
昨日今日と札幌に出張した。用務は「高野山真言宗北海道宗務支所」の教師研修会ならびに支所教師大会で藤田学長の代理として挨拶かたがた大学の現状について報告すること。

10月13日8時5分関空発のANAで新千歳空港に飛び、そこでエアポートライナーに乗りかえて札幌に入る。

会場は札幌プリンスホテルの別館の国際館パミール。パミールとはパミール高原のことだというが、命名の由来は聞き漏らした。

岩田君、阿部君、中原君に久しぶりに会えてうれしかった。

出番が終わってホテルにチェックインしたあと、懇親会までの空き時間を利用して、たぬき小路にお土産を探しに行った。ねらいはピリカメノコの木彫レリーフだったが、気に入ったものは見つけられなかった。どこの土産物屋も中国人の団体で賑わっていた。

懇親会では支所長の岩田師をはじめ多くの方々からさまざまなご意見をいただいた。それらは学長に詳しく報告することになる。

行きは関空から出たが、帰りは神戸に飛んだ。その理由は、そこから京都の日文研に直行して「仏教と近代」のシンポジウムを聴講しようともくろんだからだが、疲れていたのと、ダライ・ラマ法王関連行事の準備が気になるのとで、結局予定を変更し、自宅を経由して高野山にもどった。

新千歳空港内の公衆電話に手帳を置き忘れた。神戸空港でそれに気づいて慌てて電話したら、無事保護されていた。今日にも着払いの宅配便で送ってくれるという。大助かりである。

ある大学教員の日常茶飯