09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

第8回 南方熊楠ゼミナール 告知

2011年10月11日
南海高野線はようやく復旧し、天空も走り始めた。

辭頑・?繧シ繝溘リ繝シ繝ォ_convert_20111011203614
さて、またまたイベントの案内である。

南方熊楠没後70周年・南方熊楠顕彰館開館5周年記念の第8回 南方熊楠ゼミナールが下記の要領で開催される。
日時:平成23年12月10日(土)午後1時30分~5時
会場:紀伊田辺シティプラザホテル鳳凰の間
会費:1000円、定員:200名
問い合わせ:南方熊楠ゼミナール実行委員会事務局 0739-26-9909
      E-mail: minakata@mb.aikis.or.jp
主催:南方熊楠ゼミナール実行委員会、(財)南方熊楠記念館、南方熊楠顕彰会

しかしてその内容は:
基調講演:中垣俊之(公立はこだて未来大学)「粘菌からのぞく行動知―学際的視点から―」
研究発表:奥山直司「南方マンダラはどこまで曼陀羅か―「南方熊楠と仏教」研究の現在―」
同:唐澤太輔(早稲田大学助手)「南方熊楠の夢―中間領域への関心/晩年の夢―」

パネルディスカッション「没後70年『今、南方熊楠が発信するもの』」
 コーディネーター:松居竜五(龍谷大学准教授)
 コメンテータ―:萩原博光(国立科学博物館名誉研究員)
 パネリスト:尾関章(朝日新聞東京本社編集委員)
       中垣、奥山、唐澤

何といってもまず中垣氏だ。なにしろイグノーベル賞を2回(認知科学賞1回、交通計画賞1回)も受賞している。いずれも粘菌の研究で、交通計画賞なんか、粘菌に地下鉄の路線の設計をさせるという驚天動地のものだった。これは期待が持てるぜ。
著書のタイトルがまたふるっている。『粘菌―その驚くべき知性―』(PHPサイエンスワールド新書)
粘菌のあのどろどろした原形質流動の中に「知性」が宿っているとしたら、「知性」っていったいなんなのだろうか。これは読んでみるしかない。

私のタイトルは、つい魔がさして付けただけで、何の仕掛けもありません。唐澤さんに期待しておきまひょ。
研究ノート