07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

清学院の一般公開

2011年09月28日
貂・ュヲ髯「_0002_convert_20110928210506

堺市北旅籠町にある清学院が修復なり、「堺市立町屋歴史館 清学院」に生まれ変わって、10月下旬から一般公開される。

清学院は山伏寺で、江戸後期から明治初期にかけて寺子屋を開いていた。北旅籠町生まれの河口慧海も数え年6歳の明治4年からここで読み書き算盤を学んだ。しかし翌5年に学制が公布されると、堺県庁は通達を出して市中の私塾・寺子屋を廃止させ、代わりに四つの県学分校(今の小学校の前身)を開設した。そこで慧海も、そのうちの一つ(現在の錦西(きんさい)小学校の前身)に入学して、以後5年間勉強することになる。

河口正(あきら)の『河口慧海』(春秋社)では、この寺の名が世学院と記されているが、「せいがく」を「せがく」とつづめて言う地元の言い方を慧海が記憶していたために、後年年譜を作った際に「世学」に誤られたのだろうと思う。

以前の清学院の建物は、見た目にもそれとわかるほど傾いていて近づくのが怖いほどだったが、上の写真のように立派に修復されたようだ。これを記念した講演会の一つを任せられた。講演の場所がまた慧海さんの学んだ錦西小学校の体育館だ。日時は11月6日の10:45から、テーマは「河口慧海ヒマラヤを行く~堺出身のチベット探検僧の生涯~」。ちょうどこの日は小学校の授業参観の日で、小学生と保護者の方々も聞いてくれるらしい。

11月6日といえば、ダライ・ラマ法王関連イベントもすっかり終わっているから、リラックスして楽しい話にしたいものだ。

研究ノート