09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ベシカ湾

2011年09月04日
雨が降り始めて3日経った。これほど長く続く大雨というのはちょっと記憶にない。紀伊半島を中心に各地で大きな被害が報じられている。高野山は午後1時ごろから空が明るくなり小止みになっているが、山内と下界とを結ぶメインの道路が土砂崩れで通行止めになっているらしい。いい加減煮詰まったので家に帰ろうと思っていたけれど、これでは無理だ。

さて、coveの次はbay、というわけではないが、ベシカ湾(Besika/Basika Bay)というアナトリア(小アジア)北西部にある小さな湾の名を意識したのは10年ほど前からである。

1890年12月26日朝、この湾に日本海軍の練習艦「金剛」が到着した。ちょうど冬枯れの季節で、実に荒涼としたながめであったらしい。そこにはオスマン帝国海軍の通報艦タリヤ号が待っていた。まもなく「金剛」の姉妹艦の「比叡」もやってきて、ベシカ湾の南方のユケリ湾に投錨した。両艦には、その年の9月16日に熊野灘で遭難したオスマン帝国海軍のフリゲート艦エルトゥールル号の生存者69名が分乗していた。
繝医Ν繧ウ險伜ソオ鬢ィ縺ェ縺ゥ+114_convert_20110904173458
*ボスポラス海峡のドゥルマバフチェ宮殿前に繋止された「比叡」または「金剛」。三本マストの装甲コルベットだ。串本町大島のトルコ記念館に所蔵される写真を許可を得て撮影。

このブログでしばしば触れてきた「比叡」と「金剛」の大航海の一場面である。

グーグルアースで覗くと、ベシカ湾は湾とは名ばかりの浅い入江である。

私はこの湾の位置や名前に、自分でも不思議なほどこだわってきた。確かにこの湾はダーダネルス海峡のエーゲ海側の入口にある戦略上の要地である。近くには第一次世界大戦の激戦地ゲリボル(ガリポリ)半島もある。しかし「比叡」「金剛」の物語の中では、重要ではあるが一通過点に過ぎない。

ふと思い立って調べてみると、ベシカ湾から内陸に6キロメートルほど入り込んだ場所にかの有名なヒッサルリクの丘があるではないか。なーるほど、こういう仕掛けだったのか。歴史好きの人ならお分かりと思うが、この丘こそ、ハインリッヒ・シュリーマンが、ホメーロスの叙事詩『イーリアス』に謳われたプリアモスの城町トロイアと信じて古代都市の発掘にいそしんだ場所なのである。この同定が正しいとすれば、ベシカ湾はミュケーナイの王アガメムノ―ンに率いられたアカイア軍がトロイア人との10年にわたる戦の間、陣屋を構えていた海岸線ということになる。

私は昔から歴史が好きで、この手のテレビ番組も欠かさず見ていたから、ベシカ湾の名も知らず知らずの間に頭の片隅に入っていたのかもしれない。

それからもう一つ。シュリーマンが旅行先のナポリで急逝したのがまさにこの日、つまり「金剛」がベシカ湾に入った1890年12月26日であったことも私には不思議な暗合に感じられる。
研究ノート