06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

台風

2011年09月02日
あと●日
*8月4日に新大阪駅で見かけた「大阪マラソンまであと87日の掲示板」。マラソンがあるのは10月30日、ダライ・ラマ法王の舞洲アリーナでの講演会と同じ日だ。この日の時点で87日てえことは、今では残りが…ちょっと空恐ろしくなってくる。

のろのろ台風が接近してきたため、明日に予定されていたオープンキャンパスは、9月10日(土)に延期された。その影響でイヌイさんがやるはずだった模擬授業が私に回ってきた。イヌイさんは4日から10日まで学生たちと一緒に震災復興ボランティアで釜石に行く。高野山大学が取り組んでいる東日本大震災復興ボランティア活動の第三弾だ。彼は私以上にコロコロしているので急に無理をして腰など痛めないように注意しておいた。

そういえば、今朝、卒業生のO田君の顔を見たので、どうだいと声をかけた。彼は実家が塩釜で、震災後いちはやく東松島、石巻、気仙沼、南三陸などの被災地に入り、ご遺体安置所を回ってお経を唱えるなど、坊さんであることを生かした活動を単独で続けている。彼の伝える現地情報は生々しいものばかりである。先日の医療フォーラムの席上、山折哲雄先生が、被災地を見た際に感じた鎮魂の思いを「海行かば」の歌に託しておられたが、震災直後の状況は、まさにこの歌の前半分そのものだったらしい。

今日教えてもらった話の中にも、とてもここには書けないものがあった。

昨日書いた学会への招待を受ける旨のメールを出したら3分で「ありがとう」の返事が来た。タイミングということもあるが、こうでなくちゃいけないよなあ、と痛感した。ちなみに、私を選んでくれたのは、多分デューク大学のリチャード・ジャフィ教授だと思う。名誉なことではある。

いよいよ台風が近いらしい。明日お店が開くかどうかが心配だが、「柿の種」があるので半日ぐらいはしのげるだろう。
ある大学教員の日常茶飯