10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

空の屋根

2011年07月31日
明日、釜石に行き、不動寺さんのお世話で、ボランティアの真似事をさせてもらう。帰りに山形に寄り、堺に戻るのは4日。次の日から田辺市の南方熊楠顕彰館で2泊3日の研究合宿。6日(土)の2時からはシンポジウムがあるが、何をしゃべっていいのか分からないまま、うん、と言ってしまった。安請け合いして、後で泣きをみるのはいつものことだが。

今夏は秋口からの高野山大学三大イベントの準備のためどこにも出かけられそうもない。三大イベントとは、

1.21世紀高野山医療フォーラム 8月27日(土) 東京ビッグサイト国際会議室

2.大学基準協会実地視察    9月29日(木)、30日(金) 高野山大学

3.ダライ・ラマ法王14世特別講演・法話 10月30日(日)~11月3日(木)大阪舞洲アリーナ、高野山大学

1は動員、2は担当者、3は実行委員。いやはや…

ふらりと旅に出たい心境だが、8月のH組の青海調査も断っちまったしなあ。

 空の屋根つちをしとねの草枕雲と水との旅をするなり  (河口慧海)

フランスの写真家・映画監督のエリック・ヴァリは、ダイアン・サマーズとの共著『ヒマラヤのキャラバン』の冒頭にこの歌の英訳を掲げている。

  The sky will be my roof; the earth my bed;
The grass, my soft pillow.

Like the clouds and the streams
I will traverse these immense deserts alone.

ヴァリはヒマラヤの内奥トルボ地方を舞台にした映画「キャラバン」で知られる。この歌は、彼が百年前のヒマラヤ踏破の大先達に捧げたオマージュだ。
ジャルコット
*ネパール中西部カリガンダキ峡谷。地上最大の谷といわれている。手前の村はジャルコット。河口慧海は1899年5月にここを通過した。




ある大学教員の日常茶飯