07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

自由都市・堺

2011年06月29日
熊楠扇
*マイPCと「猫楠の扇子」(南方熊楠顕彰館謹製) 今日も暑いにゃ~・・・

しばらく前に堺都市政策研究所から機関誌『Urban』が届いた。上田正昭先生が「百舌鳥古市古墳群を世界遺産に」を書いておられる。堺は巨大古墳の町だ。なにしろ日本最大の大仙古墳(伝仁徳天皇陵、墳丘長486m)と三番目の石津ヶ丘古墳(伝履中天皇陵、墳丘長365m)、何番目かは知らぬがこれも大きいニサンザイ古墳(墳丘長290m)を含む百舌鳥古墳群があるのだから。泉北高速鉄道の高架からは、それらがこんもりとした松山としてよく見える。

ただ堺全体に見ものが多いかというと、今はさほどでもない。戦災で焼けているから、というのが一つの答えだが、堺はユニークな人材がたくさん出ているのだから、活用の道はあるはずだ。今回の『Urban』で、さいとう・たかを氏が指摘しているのもその辺りのことで、「ゴルゴ13記念館」とか「橋田壽賀子 渡鬼の館」とか「沢口靖子姫の竜宮城」とかがすぐにできるわけではないにしても、工夫次第でいろいろやれるはずだ。

前にも書いたが、私は、堺市の肝いりで「河口慧海賞」を設立して、現代における大冒険・大探検を奨励してはどうかと思っている。南方熊楠賞と同じで、もらえれば理屈抜きにうれしい賞になるだろう。この秋には、慧海も子どものころに通った北旅籠町の寺子屋清学院が修復なって一般公開されるとも聞いている。

「よく聞け。われらは堺を捨てるのではない。われらが堺を持ち去ってゆくのだ。堺は永久(とわ)にわれらの心の中に生きているのだ。(火矢を放つ)さらばだ!」(「黄金の日々」より)

若き日の松本幸四郎(ルソン助左衛門役)の名台詞である。堺は自由を求める人間の精神の中にこそある。
ある大学教員の日常茶飯