05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ブッダガヤーの降三世

2011年06月08日
この春高野山大学密教文化研究所の受託研究員になった徳重君が、7月のK-GURS院生発表会で発表してくれることになった。テーマは降三世(ごうざんぜ)にかかわるものだ。降三世は密教の重要な仏の一つで、日本では五大明王の一つに数えられている。

私は彼に秘蔵の写真を提供することにした。

ブッダガヤーにある降三世の石像である。初公開というほどのものではないが、実際に現地に行って自分で写真に撮ったという人は少ないだろう。だいいち、これはひどくわかりにくい場所に置いてあるのだ。

trai.jpg

これはそのうちの一枚。当時はまだスチールカメラを使っていたので、現像してもらうまではどんな写り方をしているかわからず、それが結構スリリングだった。私はこのカメラを愛用し、ムスタンにもシッキムにも持って行った。それが酷使に耐えられなくなってついに壊れた後、今のデジタル1眼レフを買ったのである。

だからこれはスライド化してあったポジフィルムをスキャンしてパソコンに取り込んだものだ。私の部屋にはスライドが山のようにある。今折を見て、それらをせっせとスキャンしている。
研究ノート