08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

なんじゃ、こりゃあ!

2011年05月26日
今だから言えることだが、この2月、私はある重大な病気を疑われていた。これに気付いた時の心境は、「太陽に吠えろ」の松田優作ふんするジーパン刑事の最期のせりふそのままだった。

なんじゃ、こりゃあ!

たまたま部屋に来たF先生にそのことを話すと、先生曰く。

すぐに大きな病院に行って検査を受けなさい。そしてその結果がよくても悪くても知らせてください。健康に自信を持っている人ほど、パタッと逝くものです。

それでもなんだかんだで、その週は病院に行けず、その間にも私の自覚症状は進行した。次の月曜日に某大学病院を訪ねた。町医者を通さずにいきなり行ったせいか、3時間も待たされた。その挙句、問診で言われたことは、それでは4月に検査の予約を入れましょう、だった。大病を心配してきているのに、検査が2か月先とはあんまりじゃないか。即キャンセル。

翌日から高野山病院で数度の検査を受けた。その結果を聞くために診察室の外で待っている時の心境は、

今度ばかりは見逃してほしい。

だった。

してその結果は、・・・・・・

「ご心配いりません」。

ひゃっ、ひゃ。

今日からまじめに生き直そう、と心に誓った。
ある大学教員の日常茶飯
« 不調だ | HOME | 自虐の詩 »