07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

成田空港まで(3)

2011年03月25日
総武快速は橋にさしかかる度に徐行運転をくりかえした。そのため成田までは余計に遠い。千葉で空港行きの各駅停車に乗り換える。その頃には空港行きが復旧していたのだ。考えてみれば、成田は日本の空の玄関口である。復旧が早いのは当然だ。そう考えればなおのこと、もう1時間早ければ、の思いがつのる。では、なぜ成田に向かっているのか。自分が遅れたことを最終確認に行くだけだ。今朝からのあの長?いみちのりをまた戻ることを考えると、うんざりする。

電車が第2ターミナルの駅に着くと、とっくにあきらめているはずなのに、自然に小走りになる。女の人が同じ方向に走っている。あれ、と思うまもなく見えてきたエア・ランカーのカウンターには、まだ乗客たちが並んでいる。おまけに、係員たちがこっちを見ておいでおいでをしているではないか。

・・・・

機内

駆け込むようにして入った機内はがらがらだった。客室乗務員のスリランカ女性の話では、予約は満席だったとのこと。そうか。昨日からの混乱で、せっかくの旅行を諦めたり、この時間にここまでたどり着けなかった人が大半なのだ。何だか申し訳ない気分になる。

中部山岳地帯
*中部地方の山岳地帯。日本の背骨とも言うべき山々だ。太古の昔からこの列島に住みなしてきたわれわれ日本人を守り給え、と祈る。












フィールドワークの記録