06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

行基

2011年01月16日
正月飾りを家原(えばら)寺に持っていってとんどの火に焚いてもらった。この寺のとんど祭は大規模なことで知られている。

家原寺は行基の生誕地とされる。

私の住む泉北地区には、行基が掘ったという井戸や潅漑用のため池、ゆかりの寺塔などが多い。古代、堺市南部から和泉、狭山、岸和田の一帯は須恵器の一大生産地だったが、この陶器も行基がはじめたという伝説から行基焼の異名を持つ。行基は泉北一帯の守護聖人のような存在だ。

NHK大阪が制作し去年の4月に放映された「大仏開眼」は、脇役ながら行基が登場する珍しいドラマだった。「大仏開眼」といいながら、主な中身が皇族貴族の権力争いだったり、玄は出るのに、どうして道鏡がでないのか、などの疑問もあったが、NHKならではの重厚な作品であった。

國村隼演じる聖武天皇のことば:「理屈ではない。私は大きな仏が見てみたい」は、その場面の中では、天皇が大仏建立を決断する動機としては十分と思わせた。

ある大学教員の日常茶飯