05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

永遠の嘘を…

2010年12月26日
年末に何もこんな大雪が降らなくても。まだ何の準備もしていないのに…

一昨日の夜、NHKの「つま恋2006」(総集編)を最後まで見た。出演は吉田拓郎にかぐや姫、ゲストがかまやつひろしと中島みゆき。伊勢正三が「なごり雪」などを歌ったのも懐かしくてなかなか結構だったが、何と言ってもすごかったのは、中島みゆきが突然現れて、吉田拓郎と「永遠の嘘をついてくれ」を一曲歌って、ものも言わずにバイバイしたシーンだった。

紹興酒の熱燗を飲みながら、南こうせつも併せて、三人の資質の違いなどをつらつら考えた。

例えば、道ばたに段ボール箱が一個落ちているとしよう。

南こうせつならば、「道ばたに段ボールの箱が落ちている。四角い汚い箱が落ちている」とかなんとか歌いそうだ。全部とは言わないが、特にソロはそういう曲が多いではないか(作詞作曲編曲が別人かどうかはこの際問題ではない)。

吉田拓郎はよく知らないけれど、この箱を使っていた「じーさん」の物語など延々とやりそうだ。

これが中島みゆきだったら、魔術師のように、その箱の中から花束や鳩や、ピアノなどを次々に取り出して見せたあげく、自らその箱に乗り込んで、「これはロケットよ」とばかりに、空中高く飛び上がるのではなかろうか。

我ながらメチャクチャな喩えになったが、要するに、そのくらい違うと思うのだ。むろん好き嫌いは別であるが。


ある大学教員の日常茶飯