10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010年12月14日
先月の私の心の風景の中では、来年の1月7日に途方もなく巨大な壁が立ちふさがっていて、その向こうがまったく見えなかった。しかしこのところのスタッフの忍耐とがんばりで、その壁が少し低くなったような気がしている。そしてその向こうから、たおやかな風が吹いてくるように感じている。

昨日は、東京新橋の智山伝法院の「仏教と近代」研究会に出席。自然でやさしいホスピタリティがありがたかった。

ある大学教員の日常茶飯