07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ドライな日々

2010年11月28日
このところ、寝酒をしなかった翌朝自然に目が覚めた状態が一番気持ちのいい状態だと自分に言い聞かせている。ドライ(禁酒)な日々をなるべく長く続けたい。

昨日家に帰ったら薄型テレビが来ていた。前のテレビもチューナーを付ければ対応できるということで買ったのだが、やっぱり、いまさら、となってしまった。ほっておけば映らなくなる。いや、その前にエコポイントが半減する、てなわけで慌てて注文した。典型的な駆け込み需要である。

画面が細かくクリヤーなのが珍しいので、例の如く、チャンネルをどんどん替えながら一時間半ほど見ていたが、しまいには飽きて寝た。放送のシステムが変わっても、コンテンツは相変わらずだ。

ところで「龍馬伝」は今日でおしまいだ。龍馬暗殺の下手人は、結局、見廻組の佐々木只三郎という定説に落ち着くらしい。龍馬暗殺は歴史の謎だと思っていたので、以前、歴史学者の書いたもののなかに、暗殺犯は佐々木とずばり書いてあるのを見てかえって驚いたくらいだ。誰がやったかは分かりませんが、ではドラマにならないし、誰というよりは何故の方に重点を置くならば、わざわざ珍説を増やす必要はない、ということだろうか。

ちなみに「壬生義士伝」では新撰組の斉藤一が下手人ということになっている。斉藤がいやに注目されだしたのは、アニメの「るろうに剣心」で(異常なほど)クールな剣士として準主役級に扱われてからではないかと思う。明治まで生き残った新撰組の残党だった彼が平成の世に陰のヒーローとして蘇るというのは悪い話ではない。

もう一つ、「坂の上の雲」がまた始まるらしく、昨夜も去年の分の再放送をやっていた。これも悪くないけど、大学予備門の場面では、漱石だけでなく、南方熊楠をちらりと出す「遊び心」というか、サービスがあってもよかったと思う。熊楠も秋山真之、正岡子規らと同学年であったわけだから。

いずれにしても、「龍馬伝」も「坂の上の雲」も、多分「蒼穹の昴」も今日は視れません!そんな余裕はゼロ。







ある大学教員の日常茶飯