09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

トレイラーでストレス解消

2010年08月31日
トレイラー(予告編)が本編よりも感動的というのはよくあることである。

涙を流すのはストレス解消にいい。

そこでこの二つを組み合わせて、トレイラーを見て泣くストレス解消法というのはどうでしょう。

だいいちトレイラーは短いから助かる。

ここのところ使っているのは「壬生義士伝」(またはWhen the last sword is drawnで検索)。

夏川結衣の女房「だんなさま、ごくろうさんでござんした。私らのために、よーぐ働いて、ごくろうさんでござんした…」
さすがにこれだけで泣く人はいないだろう。しかし言われてみたいセリフではある。

中井貴一の吉村貫一郎「世の変動を聞くにつき、拙者、脱藩して尊皇攘夷に身を捧げ、幕府を守りとうござりやんす」
まだまだ。しかし尊皇攘夷のイデオロギーが与えたインパクトが凝縮したようないいセリフ。

中井「斉藤先生、お国はどちらで」
佐藤浩市の斉藤一「お国?」

佐藤「俺はいつ死んでもかまわん。斬ってくれる奴がいないから生きてるだけだ」
中井「わしは、ちがいます。死にたくないから人を斬ります」

三宅、中谷美紀、夏川ほか省略。

佐藤「お前が大嫌いだ。人が人を憎み恨みあって殺し合う世の中だというのに、お前はなぜおのれの腹すらも満たそうとはせんのじゃ」
この辺りから俄然盛り上がる。もちろんセリフと映像だけではなく、音楽の力が大きいことは言うまでもない。この映画の音楽は久石譲。

少年「大好きな父上をたった一人で三途の川渡すわけにはいかねのっす」
この辺りになるとかなりグスグス。

佐藤「お前は死んではならん。お前のようなやつは絶対に死んではならんのだ」
女の子「兄さーん」
佐藤「吉村、死ぬな!」

字幕「生きるために戦った男がいた」

以下略。

滂沱・・・

これを三回ほど繰り返すと、実にすっきりする。これで効かない人は、「隠し剣鬼の爪」のトレイラーを続けてどうぞ。

しかしさすがに飽きてきた。次は何にしようか。



ある大学教員の日常茶飯