07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

雑感

2010年08月16日
まる二日間仕事を休んだ。一日目に庭の草を取り、二日目の晩に家族で食事に出たが、これを除くとほとんど寝ていたに等しい。覚めていても目をつむって横になっていた。最近は目の疲れがひどいので、これはちょうどいい休養である。

毎年、広島・長崎の原爆の日と終戦記念日を中心に過去を反省する行事が行なわれる。従来わたしは、普段はおちゃらけた番組ばかり作っているテレビ局が急に「いい子」になって戦争の罪悪を告発したりすることを苦々しく思ってきた。しかし、今年は違った感想を持った。日本人は65年もの間、毎年夏になると「過去の過ち」を思い出し、戦争が「絶対悪」であることを再確認して、二度と自分からはこれを起こさないという誓いを新たにしてきたのである。自己正当化しか頭にないような国が多い中で、こりゃあすごいことだと思う。

ラダックの水害。ラダックはムーンランドの異名を取る山砂漠だ。そこに土石流が発生した時の恐ろしさは想像にあまりある。ラダックからザンスカールへの道路も寸断されているという。土曜日、タイチョーに頼んで道路情報を収集してもらった。早く復旧してくれないと、こっちも困る・・・

高齢者の行方不明問題は、近頃にない不愉快なニュースである。あるキャスターが、はじめはこれは年金詐取の問題かと思ったが、もっと根深い日本社会全体の問題であることが分かってきたと指摘していた。それもそうであるが、年金詐取の問題は決して小さくないし、これを放置してきた役所の責任はそれ以上に大きいと思う。

「借りぐらしのアリエッティ」はまだ観ていないが、私は「借りぐらし」という言葉が気になってしかたがない。ひょっとすると、これはジブリの造語ではなかろうか。だとすれば、ちょっとこれは問題だと思う。基本的に、ことばは探すものであって、造るものではないからだ。



ある大学教員の日常茶飯