08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

130円で悪い癖が一つ直る

2010年07月25日
首の骨を「ぽきぽき」ならぬ「ぼきぼき、ばきばき」鳴らすのが私の癖の一つだった。最近はとみにこれがひどくなっていた。
ところが2週間ほど前、京都に行く折、参議院議員選挙の結果を再確認する目的で買ったタブロイド紙に、こういう癖は思わぬ疾患を招くことがあるから要注意、と書いてあった。以来、ぴたりと止めた。この新聞は130円である。これで長年の悪癖を改めることができたのだから安いものだ。

午前中、庭の百日紅の枝を切った。この木は成長が早く、去年もかなり大胆にカットしたはずなのに、濃いピンク色の花がもう二階のベランダまで届いている。お二階さんは何も言わないが、蜜を求めて蜂が飛んできたりして、きっと迷惑がっているに違いない。そこで再びばっさばっさとやった。この際もっと庭片づけをしたかったが、熱中症が怖いので切り上げた。

昨日英語論文を一個送ったが、今月末締め切り厳守の原稿がまだ1行も書けていない。今朝の夢見が悪かったのはそのせいのようで、夢の中で私は学生にレポートの説明をしていないことに気付いてあせっている。そのうちに眠りが浅くなってきて、この前の授業で説明したことを思い出し、安心して眠りに落ちた。するとまた、あーっ、レポートの説明忘れた!の繰り返し。

ばかみたいな話だが、実はこれ、それほど悪いことではない。脳が次の仕事のためにウォーミングアップしているのである。明日からは真剣に取り掛かれるはずだ。ということで、今日はちょっとビールで水分補給して早めに休むことにしよう。

ある大学教員の日常茶飯