07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

人間ドック

2010年07月06日
生まれて初めて1日人間ドックなるものに入ってみた。場所は南海本線堺駅に隣接するホテルの11階である。ちょっとしたホテルのような内装で、ソファがいくつも置いてある広い待合室からは、堺港がよく見える。

看護師さんのような女性たちがうようよいて、そろって物腰が柔らかく、親切、丁寧だ。考えてみれば、われわれは患者予備軍ではあるが、まだ患者そのものではない。彼らにとっては「お客様」なのだ。

番号を与えられ、お仕着せに着替えさせられて、ベルトコンベアに乗った製品のようにあっちに回され、こっちに行かされる間に一丁上がりになるシステムだ。

一通り検査項目をこなし、医師の説明を受ける前に食事をするようにとホテルの食事券が渡される。フレンチかイタリアンか中華だが、店の名前が気にいって中華に入った。

何を食べてやろうかなと思いながら、受け付け嬢に食事券を示すと、「Bクリニックのお客様のお料理は決まっております」
そりゃ、そうだわな。サービスの食事券一枚で、豪勢にやられた日にゃ、たまったもんじゃない。

気のせいか他の客よりもゆっくり運んでくる料理を口に運びつつ、近くのテーブルで愉快そうに話をしている「お年寄り」たちの様子を見ながら考えた。10数年後に俺はどんな老人になっているだろうかと、たまに考えることがあるが、そういう未来は本当はやってこないという可能性だってあるわけだ。御山にもどったらまずは部屋を片付け身辺整理しよう。

判定では、たっぷり注意された上で無罪放免となった。特に精密検査に進む必要はないから、まあまあというところであろう。イギリス傘
*2010年2月 ロンドン・ラッセルスクウェア 雨が降るのでホテルの近くの雑貨屋で傘を買った。この通り英国国旗をあしらったド派手なやつだ。今も雨の日には重宝している。


ある大学教員の日常茶飯