05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

川の結婚

2010年06月30日
川の結婚
*2001年9月、インド・シッキム州

写真はティスタ川(右上)とランギット川(左下)の合流点ドヴァン。ここはシッキムの先住民レプチャ族に伝わる川の結婚伝説の舞台である。

昔むかし、ヒマラヤの奥に男の川ルンニョ(ティスタ)と女の川ルンニット(ランギット)が別々に暮らしていた。二人は結婚の約束をし、ドヴァンで落ち合うために山を下ることにした。

ルンニットは海蛇を道案内に立てた。海蛇はまっすぐに進み、ルンニットは迷うことなくドヴァンに向かった。一方、ルンニョはウズラを道案内とした。ウズラは餌を求めて右往左往したので、ルンニョはジグザグに進み、ドヴァンに着くのにたいそう時間がかかった。

先に着いたルンニットは、そこに誰もいないのを見て先に進んでいった。あとからやってきたルンニョは、これを知ってたいそう腹を立てた。

「俺は男だ。だから先に着かなければならなかったのだ」

プライドを傷つけられた彼は憤然としてもと来た道を戻ろうとした。そのため川の水が逆流して辺りは大洪水になった。この騒ぎを聞きつけたルンニットは、ルンニョをなだめようとして言った。

「殿方にもまちがいはあるわ。私の肩の上をお通りになれば」

そのためこの合流点では、ルンニット(ランギット)はルンニョ(ティスタ)の下にもぐりこみ、その青い水はルンニョの黒い水におおわれている。ルンニットはまっすぐに流れているのに、ルンニョの流れは曲がりくねっているのだとさ、どんどはれ。
(C.de Beauvoir Stocks, Folk-lore and customs of the Lap-chas of Sikhimより)

合流点
*ドヴァンではティスタ(右)とランギット(左)の水が押し合っている。


フィールドワークの記録