09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

注釈―もひとつ『高山寺蔵 南方熊楠書翰』余録

2010年05月31日
『高山寺蔵 南方熊楠書翰』は注が多い、とみんなに言われるが、やみくもに付けたわけではない。

たとえば、高校の歴史の教科書に出てくるような著名人をつかまえて、これはどういう人物かを説明するのはスペースの無駄だからやっていない。しかし、そこに文脈上特別の意味があったり、付け加えるべき情報があったりした場合には、その角度から注を付けるようにした。

大学三年生の時、先輩に勧められて、図書館からベルギーのプサン(L.de la Vallee Poussin)という学者の『ラビダルマコーシャ・ドゥ・ヴァスバンドゥ』という本を借り出した。『倶舎論』のフランス語訳である。本を開こうとすると、フランス装のページがまだ切られていない。つまりこれを読むのは私が初めてだったわけだ。そこでペーパーナイフを買い、切りながら読んだが、驚いたのは、その中身であった。ページごとに本文はほんの数行で、あとは全部脚注で埋められている。なるほど、こんなものか、と思った。昔は教養部というものがあったから、三年生といえば、専門の勉強を始めたばかりである。最初の印象というのは怖ろしい。いつのまにやら癖になった。

助手の頃、松長有慶先生の指導の下で、『梵語仏典の研究? 密教経典篇』(平楽寺書店)というビブリオグラフィーをまとめることになった。その仕事を始めるに当たって、私は、一緒にやる仲間たちに次のような意味のことを話した。

「俺たちがこれから作ろうとしているのは専門家のための参考書だ。参考書というものは、実際にはそれを参考にして多大な便益を受けながら、参考にしたと断らなくても、大して気がとがめない、というかわいそうな存在だ。われわれの本もそうなる危険がある。つまり労多くして功少ないの典型だ。そこで相談だが、幸いまだ時間はたっぷりあるので、各自の受け持ちのなかで、これだと思う文献については、写本にさかのぼって自ら研究し、その成果を脚注にどんどん盛り込もうじゃないか。そうすれば誰も見て見ぬふりはできなくなるだろう」
この仕事には多大の労力と時間を要したが、上述のもくろみは大体達成されたと思っている。

デイヴィッド・スネルグローヴとヒュー・リチャードソンの共著『チベット文化史』(春秋社)を翻訳出版した時も、冒頭から長大な訳注を付けて驚かれた。別に意図して読者を驚かせようとしたわけではなく、必要な個所に必要なだけ書いたに過ぎないが、気分は悪くなかった。

因みにこの本に付けた一番目の訳注は、チベットの地理的な範囲に関して、エスニックなチベットと政治的なチベットを分けるべきだ、というチャールズ・ベルやリチャードソンの説をまとめたものだ。当時、そして今もおそらくそうだが、この二つのチベットがごちゃまぜに議論されている状況を何とかしたいと考えて書いた。

そして今回である。あまりこういうことを得意げに書いていると、いたずらにペダンチックなことをやっている人間のように誤解されかねないが、私としては、時々の仕事そのものからの要求に従っているだけである。そのやり方が普通一般よりもやや「ひつこい」かもしれないが。

研究ノート