07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

イヌイサンのレクチャーにお付き合い

2010年04月26日
23日、病院から戻ると、K?GURSのチェーンレクチャーのため京都の大谷大学に向かった。早めに着いて、大学博物館の展示を見てから、構内のカフェーでコーヒーを啜りながら張っていると、まもなくイヌイさんが大きなかばんを二つも下げて通りかかった。

教務と教室に案内する。今年度から始まったチェーンレクチャーの共通テーマは建学の精神である。
イヌイさんの講義は準備十分で、聴いていてためになった。これは決してヨイショではない。

さすが日本全国にお笑いを供給している大阪出身だけのことはある。思わず吹き出したくなるようなエピソードもちりばめられていた。

7時半に終わって、京都地下鉄と阪急と大阪地下鉄を乗り継いで天下茶屋まで戻ると、もう9時を回っている。そのまま別れようとすると、
「ちょっとラーメンでも食べていかへんか」
これが危ないのだが、つい、「そうですね」と乗ってしまう。
駅前の中華屋に入ると、案の定、「それじゃ、ビールでも」となった。私の事情は電車の中で話してある。運ばれてきた生中を恐る恐る口に運ぶ。
「どうです、うまいでしょう。久しぶりやから」
「いや、そんなにおいしく感じませんね」
4月の下旬なのにコートが必要な寒さである。冷たいビールがおいしく感じられなくて当然だ。
それではというので、紹興酒の熱燗を小瓶で頼む。餃子、レバニラ炒め、ラーメンで腹を満たし、イヌイさんの電車がなくならないうちに駅に戻った。
ほろ酔い加減で、ちょうどよかった。
ある大学教員の日常茶飯