08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

K-GURS公開講演会など

2010年03月28日
土曜日、京都の仏教大学でK-GURSの公開講演会があった。講師は僧侶で作家の玄侑宗久師である。

玄侑師は押しも押されもせぬ作家だから、作家として語れば、誰しも耳を傾けるのは分かっているのに、それをほとんどしないで、「禅と諸宗教における『わたし』の成り立ち」などというとてつもないテーマに挑んでいる姿が印象に残った。

同志社大学の森孝一先生のコメントもすばらしかった。

帰宅してポンサクレックvs.亀田戦をテレビ観戦。ポンサクレックの順当勝ちにむしろほっとした。亀田の試合は何が起きるか分からない。終盤、ポイントで負けている亀田が攻勢に出られなかったのは、やはりポンサクレックの巧さなのだろう。これでもしも亀田が攻勢に出ていたら、判定は微妙になり、まだぞろもめたのではないか。どんな形でもとにかく話題になればよい、というのは違うと思う。

今朝の新聞に、6年前スパーリングをした時の亀田の態度が悪く、外国人でなければ殴っていたところだが、今日はマナーがよかった、という主旨のポンサクレックの談話が載った。

これが正論であり、教育的指導というものだ。プロなんやから、あの位でええやないか、というのは間違っている。モハメッド・アリなどと比してそう言うのだろうが、あの不作法な態度は、単なる未熟さの顕われとしか思えない。

大仏開眼 001
*NHK大阪前に現れた大仏。

今日の午前中、「仕方がないから」、大阪歴史博物館に「チベット展」を見に行った。予想以上にいいものが来ており、特にカシミール・ブロンズや承徳からの文物がよかった。金銅仏の中には、2005年に中央チベットのミンドゥリン寺で見たものが数体あった。見事な成就者たちの像である。
ある大学教員の日常茶飯