05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

食べずに生きている女性―『高山寺蔵 南方熊楠書翰』?

2010年03月31日
当時、欧米はオカルト・ブームであった。法龍もこれに興味を持った。彼には、これを真言宗のために役立てられないか、という思いもあったようだ。

ところが熊楠はこれには大反対で、そんな「腐ったもの」を相手にしちゃいけない、と釘を刺したり、いわゆる「心霊写真」がどうしてできるかを科学的に説明したりしている。

熊楠は、こういうものをはなから受け付けなかったのではなく、実は大いに興味があり、いろいろ試してみた結果、あほらしい、となったようである。確かに、神秘主義は麻疹のようなものかもしれない。

熊楠が法龍に贈ったアン・ムーア(1761-1813)の伝記も、この手の出版物である。アンは「食事せずに生きている」として一時有名になったイギリス女性。まあ、詐欺ですな。ところがこの伝記、1811年にボストンで出版された小冊子で、アンが食べずに生きていることを事実として書いた、今でいう「トンデモ本」である。熊楠はこれをフィラデルフィアの「オカルト専門店」から1ドル75セントで買ったというから、彼もかなりのオタクだったのである。

おもしろいのは、法龍がこれを東京にいる弟子の長谷宝秀に送って翻訳させ、その年の9月から真言宗の雑誌『伝灯』に「アーン、ムーア絶食奇譚」として連載させたことである。この本について長谷は「奇代の珍談にて小生も大いに感心いたし候」と述べている。密教と西洋の神秘思想、オカルト、さらにそれに類する偽物たちがごちゃまぜになっていた時代の雰囲気がよく伝わってくる。

その後、この本の行方は分からない。現存するとすれば、かなりの稀覯本だと思うのだが。

研究ノート