09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

高山寺に本を届ける

2010年03月20日
JR京都駅で神田君と落ちあい、バスで栂ノ尾に向かった。高山寺にできたての『高山寺蔵 南方熊楠書翰』を届けるためだ。
この前同寺を訪れたのは2008年7月のこと。出版企画を説明し許可をもらうのが目的だった。それから数えても1年半以上。神田君が同寺に法龍の墓参りに行ったのがきっかけで、高山寺資料が発見されてから、すでに5年半もの歳月が流れている。

庫裏で山主の小川師と副住職の田村師にご挨拶、ご報告した後、石水院の縁側から眺めた春の景色がすばらしかった。

快晴。

夕方、梅田第二ビルの大学コンソーシアムで開かれた熊楠関西に2年ぶりで出席。田辺で企画展を準備中の田村さんが、9時ぎりぎりになって駆けつけた。そのあと、田村さん、和歌山市博のT内先生、神田君と、ビル地下の居酒屋で夕食替わりに一杯やりながら、編集中、質問攻めで散々悩ませたことなどを謝する。

これで本当の区切りが付いた。


今朝、ブログ拍手のコメント欄を見たら、仙台のパンダからとんでもない連絡が入っている。思わず頭を抱える。
次、次だよ!
読書案内