10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

雨の日曜日

2010年03月07日
雨の日曜日、久し振りで泉ヶ丘パンジョの紀伊国屋書店にでかけた。今日の新聞に新作が大きく紹介された渡辺京二氏の『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリ)を買いにいったのだが、あいにく在庫がなかった。この本は図書館から借りて一度読んでいるが、やはり手元に置くべき一冊と思っている。

東京でのシンポジウムが木曜日に迫っているから、本当はその準備でもすればよいのだが、基調講演者が鬼才・中沢新一先生で、どんな話になるのかまったく予測が付かないので、準備の仕様がないのである。せいぜい体調には留意しようと思っている。

ところで私は大きな本屋に入ると、しばしばお腹の調子が悪くなる。以前、浅田次郎氏がまったく同じことをエッセイに書いていたので、これは私だけの現象ではなさそうだ。確か浅田氏は心因性と説明していたが、私の場合がそんなデリケートなものかどうかは分からない。

帰りに床屋に寄って髪を切り、さっぱりした。前回は刈り上げすぎて、一部学生から「お坊ちゃま君」なぞと呼ばれたので、今回は切り方の指示に慎重を期した。まあ、髪型を気にするような年はとっくに過ぎているが。


 
ある大学教員の日常茶飯