07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ニャニャンがニャン、ニャニャンがニャン

2010年03月02日
本来ならば今頃ロンドンでのワークショップの報告などを書いていなければならないのだが、ぐたーっとしてまるで力が入らないのである。週末なんぞ15時間も寝てしまったし、今日も今日とて目が覚めたのが九時半、もう少しで学生との面会時間に遅れるところだった。

時差ぼけがこんなに続くはずもないから、これはここ二ヵ月ばかりの心身の疲労が出たのだと解釈している。その原因の一つが昨日すっかり終わった。
最後の最後に高山寺は「こうざんじ」か「こうさんじ」かでちょっとごたごたしたが、これも「こうさんじ」で決着。あとは出版を待つばかりである。

この二年間いろいろあったが、その記憶も、水木しげる先生の『猫楠(ねこぐす)』に出てくる猫踊りのお囃子のように、じょじょに遠ざかってゆく。

「ニャニャンがニャン、ニャニャンがニャン、ニャニャンが・・・・」

猫楠
「南方先生、マル秘サンプルを検鏡中の図」
水木しげる『猫楠 南方熊楠の生涯』角川文庫
ある大学教員の日常茶飯