07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ブラヴァツキー・ロッジ

2010年02月28日
2月18日。冷たい雨。時差の影響か、早々と起きてしまう。7時に食堂に下りるとK峯先生がもう来ている。茹でたトマト、豆のスープ、ベーコン、タラの塩漬けなどを取り、パンと紅茶と一緒におなかに流し込む。このメニューはこのホテルに滞在していた4日間、まったく変わらなかった。

「イギリスの食事はまずい」という先入見をもっていたわけではなく、どんな食べ物でも軽々にうまいまずいを口にしてはいけないと躾けられてもいるから黙って食べたが、正直、「美味しい」と言えるものではなかった。そういえば、20日の市内散策に同行したロンドン在住の女性たちは、最後に入ったパブでポテトチップスにビネガーと塩をどばどばふりかけていた。どうも、これがイギリスの食事を何とか頂くための作法らしい。

9時半、松居先生が来てくれて、地下鉄を乗り継いでリージェンツ・パーク北側のアヴェニュー・ロードにブラヴァツキー・ロッジを探しに行く。これはかつての神智学協会のヨーロッパ本部で、1893年10月に土宜法龍が訪れて、アニー・ベザントらに会った場所だ。

すぐに見つかると思い込んでいたが、これがまったく分からない。確か10番台だったな程度しか記憶がなかったのが災いして、ついに特定できなかったが、後から確認すると、そこは19番地で、塀の外から写真を撮った屋敷だった。

それからリージェンツ・パークの中を通って、パークの東南隅に出る。法龍が滞在していたブラウンという家はこの辺りにあった(ある?)らしい。しかしこれも分からずじまいだった。

すぐ近くがベーカー街で、小雨の中、シャーロック・ホームズ博物館の前には入場希望者の列ができていた。私は、ホームズはテレビ・シリーズのジェレミー・ブレットが最高だと思っている。見上げた二階の窓からお馴染みのスタイルの彼が今にも顔を覗かせそうな気がした。

2010ロンドン・パリ 066

研究ノート