09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

この子たちがデザイナーなの?

2009年12月06日
金子民雄さんに『評伝 河口慧海』をお贈りしたら、ご丁寧なお手紙を編集部経由でいただいた。その中にカバーのデザインのことがたいそう褒めてある。

カバーについては前にもふれたが、山影麻奈さんのデザインだ。山影さんに初めて会ったのは、故松井亮さんとの共著『ムスタン 曼荼羅の旅』(中央公論新社)を作る時で、打ち合わせの席に、山影さんは当時勤めていたEOSの吉田さとみさんと一緒に現れた。二人を紹介したのは松井さんだ。
彼女たちを見て最初に思ったのが、「えっ、この子たちがデザイナーなの?」であった。それだけ若いお嬢さんたちに見えたのである。

しかしその後私は、この二人が大変な仕事師であることを思い知らされることになる。これまた幸福な出会いだった。

そういえば、あの時、いっしょにムスタンを旅した読売新聞の片岡さんからもメールをもらった。その中に松井さんのことが触れてあった。

 松井さんが亡くなったのはちょうど『評伝 河口慧海』の親本が出た年であるから、もう6年にもなる。吉田さん、山影さんと最後に会ったのも、松井さんの49日の法要の席であった。改めて松井さんの奥様をおたずねして、仏前に手を合わせたいと思いながら、なかなか実現できないでいる。



研究ノート