05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

森繁久弥と日曜名作座

2009年11月12日
私にとっての森繁久弥さんは、何といってもNHKラジオの「日曜名作座」だ。女優の加藤道子さんと二人だけの出演で、二人が時には何役も演じ分け、それぞれに芸の極致を見せて、いや、聴かせていたと思う。古関裕而氏のテーマ曲も忘れられない。

先日、堺の中央図書館に行った折、『虚空遍歴』のCDを借りて、しばらく聴いていた。
『虚空遍歴』は山本周五郎の同名小説を脚色したもので、中藤中也という音曲師が芸道を極めようとして苦闘するさまを描いている。原作は学生の時に読んだが、雰囲気が暗すぎて、あまり好きになれなかった。主人公の名前は、明らかに中原中也のもじりだ。

放送は、小説とはおのずと別で、かなり脚色もされているが、私は、なるほどこういうことだったのだな、と思いつつ、何べんも繰り返し聴いた。

森繁さん、加藤さん、古関さん、ありがとうございました。
ある大学教員の日常茶飯