fc2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

食べ過ぎ注意

2022年11月29日
11月29日(火)
昨日の午前中、津久野の堺市立総合医療センターで健康診断を受けた。特定健診とG健診を合わせたものが無料で受けられて、なかなかの特典である。これまでは大学での健診と人間ドックを毎年受けてきたが、これからはこれ一本でいく積もりである。
*****
さて、11月6日5時半、飛行機はインディラ・ガンディー国際空港に降り立った。外気温は摂氏27度である。
入国手続きを済ませて外に出ると、日本語ガイドのAさんと通訳のSさんが待っていた。Aさんはウッタラカンド州の出身で、とても気の利く親切な人だった。日本人の団体は久しぶりだという。Sさんはマハーラーシュトラ州プネーの人である。プネー(旧名プーナ)はデカン高原の学園都市である。Sさんとは、和歌山県とマハーラーシュトラ州との交流事業を通じて、これまでにもインド、または日本でしばしばお目にかかっている。

出迎えのバスに乗り、ドワルカのウェルカム・ホテルに向かった。空港からは近いはずが、道路が混みあっていたためか、たっぷり1時間はかかったと思う。

ウェルカム・ホテルはITCホテル系の高級ホテルである。着いてまず夕食を取る。ビュッフェ方式でどれもおいしくて、つい2皿目を取りすぎてしまう。伊丹を出る前に、エア・インディアのT橋部長が顔を見せられた。部長いわく、
「旅行中は食べ過ぎないように注意した方がいいですよ」
まさにその通り。心の中で謝りながら残してしまう。

翌朝メンバーに話を聞くと、昨夜だけで小さなことがいろいろ起きていた。ある人は、外に煙草を吸いに行っている間に、ロビーに置いておいたスーツケースがなくなった。当然真っ青になる。実は、置忘れと思った他のメンバーが本人に届けるつもりで階上に持って上がっていたのであった。ある人は、真夜中に隣の部屋の騒音で目が覚めた。男女が喧嘩を始めて、男が部屋の外に追い出されたのだという。気の毒とは思ったが、いちいち関わり合いにならずに済んで、こちらはよかった。事前の準備が大変だった分、旅行中はゆっくりしたいのだ。
フィールドワークの記録 | トラックバック(0)