FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

広島、波佐

2009年07月19日
 先にも書いたように、先週の土日月と能海寛研究会の年次大会で島根県の金城町波佐というところに出かけた。
 土曜日はJR広島駅の近くのビジネスホテルで一泊し、翌朝早く、研究会会長の横田先生の車に便乗して波佐に向かう。中国山脈を越える2時間の道のりだ。その道中、意外なことを聞かされる。

「僕は15年も会長をやってきて、能海寛著作集も刊行されたことだし、この際会長を退きたい。岡崎君が次期会長になる予定なので、副会長のポストが空く。僕は君を推薦しておいたのだが、隅田さんから何か連絡はなかったかね」
「ええっ?・・・・・・・」

この不意打ちに逃げることができず、結局、総会で次のように挨拶するはめに。

「私はかれこれ10年ばかり前に一度来たことがあるだけの幽霊会員で、それがいきなり副会長じゃあ、みなさんの方が戸惑われるでしょう。でもまあ、ここはひとつ、関西に能海寛研究会の支部ができたつもりで勘弁してやってください」

 このことを除けば中村保さんと久しぶりにお会いしたことも、当日参加した(中にはパリからこの会に合わせて来日したというつわものもいた)皆さんと交流できたことも、帰りに広島で服部組の臨時打ち合わせ会ができたこともすべて有意義であったわけだが・・・

波佐
たたら蔵を改造した金城町歴史民俗資料館 この町が生んだ近代の二人の著名人、島村抱月と能海寛が看板になっている。
 
研究ノート