FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

レッドクリフ

2009年04月21日
私「神田君、今われわれはどこにいると思う」
神田「はて、どこでしょう」
私「崖の上だ」
神田「崖の上のポニョってわけですか」
私「ちがう、崖は崖でも赤い崖、レッドクリフだ。ほら、目をこすって対岸を見れば、無数の兵船が今まさにこちらに向かって押し寄せてこようとしているじゃないか」
神田「はあ、それじゃ、どうすれば」
私「決まってる。風と火だ。僕が風を呼ぶから、君とU藤さんは、今夜可燃物を満載した小舟で突っ込んでくれ」
神田「何ちゅう役回りですか。僕は下請けに甘んずるつもりはありませんよ」
私「何を言うんだ。ここが勝負どころじゃないか。こっちにはT村さんもいれば、K本さんもついている。彼らは三国志でいえば関羽、張飛、趙雲なみの猛者だ。だから後のことは心配しないで、花と散ってくれたまえ」
神田「しょうがないなあ。突っ込めばいいんでしょ、突っ込めば。でもこんな非常時に劉備のお殿さんはいったいどこにいるんです」
私「とっくに倫敦に高飛びしている」
ある大学教員の日常茶飯