FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ゲージ

2020年06月16日
『インド鉄道紀行』である。著者は、鉄道に乗るためにインドに2回行っている。一度目はデリーから入って、カルカッタ、ベナレス、ボンベイ、さらにはデカン高原を越えて、コモリン岬まで。二度目はカルカ-シムラー間の軽便鉄道に乗るためだけにわざわざ行っている。その執念には敬服するが、著者の目的はあくまで鉄道に乗ることであって、特にインドに興味があってのことではない、というところで私の関心はこの著者から離れる。またもしもボンベイ(ムンバイ)・カルカッタ(コルカタ)間を一気に行ってくれれば、どこでどう乗り換えるのかが分かって参考になったのだが、それは本書にはない。しかし、さすがに車窓から見える風景をよく観察しているし、鉄道システムに関する蘊蓄、特にゲージ(軌間、レールの間隔)についての説明は参考になった。忘れないうちに書いておこう。
 インドの鉄道の総延長は62000キロメートル。うち1676ミリ、つまり5フィート半のゲージが約34000キロ(55%)、1000ミリのメーターゲージが約24000キロ(39%)、762ミリ(2フィート半)と610ミリ(2フィート)が合わせて約3800キロ(6%)である。因みに日本の基本的なゲージは1067ミリで3フィート半。新幹線が世界標準の1435ミリで4フィート8.5インチである。インドの幹線鉄道の5フィート半は世界一の広さだという(エヘン)。
 宮脇氏は、本当は610ミリのダージリン鉄道、愛称「おもちゃの列車」(Toy train)に乗りたかったのであるが、あいにくその時不通になっていたので、762ミリのカルカ-シムラー鉄道で我慢しなければならなかった。そのせいかどうか、その文章は短く終わっている。私は、(エヘン、エヘン)ダージリン鉄道にもカルカ-シムラー鉄道にも乗っている(エヘン)。この分だけは、長澤まさみの「虫コナーズ」のCMを真似て、一言、「……勝った」と言っておきたい。

 2010TABO1_051_convert_20200617130507.jpg
*カルカ-シムラー鉄道のディーゼル機関車。カルカにて。

2010TABO1_087_convert_20200617131708.jpg
*バローグで停車。ホームに降りて写真を撮ったり、揚げ物を買ったり。
ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)