FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

天空の 茶馬古道

2020年03月27日
祈 病魔退散。

テレビ朝日の「天空のヒマラヤ部族」というドキュメンタリー番組を見たか、見たか、と人に聞かれるので、ついに録画を見てみた。知り合いの大谷さんが、目立たないようにしながら、若いディレクターの介添え役に徹しているのが、かえって印象的だった。メインの取材地のひとつとなったティンキュー村は大谷さんの庭みたいなところだ。この番組でこの地に興味を持った人は、大谷さんの『ドルポ ネパールヒマラヤ最奥の聖地』に進んでもらいたい。写真が豊富な本で、大きな公立図書館にはおいてあるでしょう。

大谷さんに初めて会ったのは、大西保さんの事務所であったと思う。私は退職したら大西さんにトルボ(ドルポ)のシェー(水晶山)まで連れて行ってもらおうと思っていたが、今はそれも虚しくなった。稲葉嬢がトルボ越冬から戻ってきたので、そのうちゆっくり話を聞くつもりだ。

これと同時期に放映されたNHK「空旅中国 茶馬古道」もなかなか結構であった。番組は麗江の先の僧院で坊さんがお茶を飲むところで終わっていたが、そのままずっとカムに上がってもらいたかった。ドルポが河口慧海ゆかりの地ならば、雲南のこの辺りは能海寛(のうみゆたか)が消えた地だ。

安藤和雄編『東ヒマラヤ』(京大出版会)がもうじき上梓される。インド・アルナーチャルプラデーシュ州西部から東ブータンを調査研究したモノグラフで、私も短文を投稿している。





ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)