FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

仏像、探しています

2020年03月20日
慧海が主宰した在家仏教修行団の本尊は、光雲が昭和3年にインド産の白檀木を彫った釈迦牟尼仏立像であった。白檀木の原形を活かして、施無畏与願印の釈迦牟尼仏が山窟から姿を現したところを写した「出山釈迦像」である。ところがこのご本尊、今はどこにあるか分からない。

慧海は、第二回旅行中にカルカッタのインド博物館のバネルジーという人物から、ブッダガヤー出土の石仏を贈呈された。菩提樹下で降魔印を結ぶ坐像である。慧海はそれを日本に持ち帰り、還暦記念にブロンズにして頒布する計画を立てた。これはまた光雲の助力によって実現したともいわれるが、石仏はもとよりブロンズ像も残っていない。ブロンズ像は戦時中に供出された可能性もあるが、どこかに一体位残っていてもよさそうなものである。

お心当たりの方、ご一報願います。
研究ノート | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示