FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

もう一つ仕事が終わる

2019年12月27日
まだ今年は終わっていない。

10月だったと思う。Aさんから原稿催促のメールがきた。心のひっかかりとなって私を苦しめていたもののひとつだ。これを機に立派に更正を果たそうと、Aさんに電話する。「10月中には何とかしてちょ。みゃーみゃー・・・」久しぶりに話ができて少し気が楽になった。しかし、案の定というか何というか、その仕事に手がつかないうちに、11月がすぎ、12月も半ばにさしかかった。再びメールが届く。もう限界だ。意を決して、以前返してもらった編集者の朱の入った原稿を開く。いざ取りかかると、すべきこと、できることは限られていた。比較的短時間で改訂作業を終え、Aさんに送ると、コラムもよろしく、と返事がきた。これは10月の電話の時に依頼されたもので、執筆陣の中でこれを書ける人間はざっと考えて私しかいないので、簡単に引き受けたのだが、以来記憶の狭間に落ち込んでいたのであった。これだから、忙しい人間に頼むのは怖いのである。
今さらキャンセルはできないので、本当は別のことをするはずのところ、何とか書いて昨日送った。

その後もAさんの悪戦苦闘ぶりが伝わってくる。なかなか原稿を返さない人間が他にも何人かいるらしい。「最後の修羅場ですね」「これは産みの苦しみというやつで」とか慰めを書き送っているが、これは他人事ではない。

大学はもう休みに入っている。仕事をするには静かでいいが、そのかわり暖房が止まって寒い。土曜日までがんばろうかと思っていたが、昨日のうちに逃げ帰った。

午後から「スターウォーズ」の最新作を観に行った。「夜中にひいひい言っている」ので、「気分転換が必要だ」との家人の勧めにしたがったものだ。確かに今朝の気分は最悪だったが、2時間たっぷり、強烈な映像と音響にさらされて、せいせいした気持ちになった。この長大なエピックもこれで終わるらしく、往年の名キャラクター総出演の趣があった。
ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)